2022年07月06日

叱られた 恩を忘れず 墓参り

 元ヤクルトスワローズの監督野村克也氏は、自著『野村ノート』の中でこのような事を記している。

 〜おかげさまで〜
「夏がくると冬がいいという、冬になると夏がいいという
太ると痩せたいという、痩せると太りたいという
忙しいと閑(ひま)になりたいという、閑になると忙しいほうがいいという
自分に都合のいい人は善い人だと誉め、自分に都合が悪くなると悪い人だと貶(けな)す
借りた傘も雨があがれば邪魔になる
金をもてば古びた女房が邪魔になる、世帯をもてば親さえも邪魔になる
衣食住は昔に比べりゃ天国だが、
上を見て不平不満に明け暮れ、隣を見ては愚痴(ぐち)ばかり
どうして自分を見つめないか、静かに考えてみるがいい
いったい自分とは何なのか
親のおかげ、先生のおかげ、世間様のおかげの塊(かたまり)が自分ではないのか
つまらぬ自我妄執を捨てて、得手勝手を慎んだら世の中はきっと明るくなるだろう
おれがおれがを捨てて、おかげさまでおかげさまでと暮らしたい

ある社会活動家の言葉だそうだが、これを見てはっと思い当たることがあった。監督としてこれまで23年間選手の育成にかかわってきたが、いまの選手にもっとも欠けているものは何か、それは「感謝の心」にほかならないと気づいたのだ。

〜中略〜

この感謝こそが人間が成長していくうえでもっとも大切なものである、というのが私の持論である。そして、そうした成長の集大成がチームとしての発展につながっていく。」

 叱ってくれた恩を忘れずに、家族みんなでおかげさまでおかげさまでと、お墓参りをしたいものです。合掌

IMG_06622○.jpg

【参考】『野村ノート』野村克也著(小学館)
posted by 正翁寺 at 20:30| 日記

2022年05月24日

一つ一つの当たり前に感謝!

 皆さんこんにちは。

 私たちは、何かを突然失うと、それがいかに有難かったか、後から気づかされることがあります。

 例えば、風邪をひいたときのことを考えてみて下さい。健康って有難いことなんだなと、改めて気づかされ、食べ物や寝る時間などを見直して、健康に努めます。

 8月に35℃近い猛暑が続き、雨が降らない日が続くとします。それが2週間も続くと境内の芝生も活気を失い茶色くなってしまいます。ああ、梅雨の雨は有難いものだったのだなあと、改めて気づかされます。

^IMG_5339^.JPG

 あるいは、地震と津波で、平常の生活が失われたあの平成23年3月11日の東日本大震災では、海辺の町はガレキと化し、多くの人の命が失われました。地球上に生きるということは、地球の大きな活動と共に過ごすことになる為、いつどういう事が起きるか分からない。当たり前に水が飲めて、当たり前に食事をし、当たり前に寝る。これがいかに有難いか、地球様に横っ面をはたかれて、私たちは当たり前が当たり前ではないことを学びました。

IMG_1543.JPG(平成23年5月宮城県奥松島)

 それから、たったの9年後に、新型コロナウイルスという、新たな感染症が世界的に流行し、様々な変更を余儀なくされました。初めての緊急事態宣言により、通勤通学者は急減し、会合や食事会はすべて中止となり、飲食店は営業時間と提供するものを制限され、野球やサッカー、大相撲などは無観客となり、NHKのど自慢も中止となった。閑散とした渋谷のスクランブル交差点の報道は、衝撃を受けたものだった。当たり前に仕事ができて、当たり前にスポーツが開催され、当たり前に人と接する。これがいかに有難いか。人との接触を8割減らしたあの期間に、近所のおばさまと交わしたなにげない朝の挨拶は、心の底からうれしかったものでした。

 仏教では、私たちが生きるこの世界を「娑婆(しゃば)」といって、忍耐を強(し)いる世界を意味します。ということは、忍耐に苦しんでいるのは、あなただけがそうなのではなく、この世に生きるすべての人々一人一人が忍耐をして生きているということになります。なぜなら、この世の中は「諸行無常(しょぎょうむじょう)」といって、いつも変化していて、いつ何が起こるか分からないからです。

 だったら、その変化の一つ一つにくよくよするのではなく、こわれやすく変わっていくにもかかわらず、「今ある当たり前」に思いをめぐらして、その一つ一つに感謝をして過ごしていきたいものです。本日の晴れ、本日の雨、本日のメシ、本日のフロ、そして一番近くにいるあなたよ、いつもありがとう。 合掌

IMG_0602.JPG

 
posted by 正翁寺 at 13:43| 日記

2022年01月01日

道心(どうしん)有る人を名づけて国宝と為(な)す

 伝教大師最澄が示された山家学生式(さんげがくしょうしき)の冒頭にあることばで、正しい道を求め、真実を求める心がある人のことを「道心ある人」という。つまりその人こそが国の宝である。

 コロナ禍の生活は、我慢が必要とされる。しかし、その我慢というものは、その人が思い描く標準に達していないから我慢となるのであり、その標準を見つめ直してみてはいかがでしょうか。

 旅行や飲み会の制限に落胆することも共感する。しかし、人類にとっての最大級の問題は、衣食住であって、過去の歴史や戦乱の絶えない地域を思えば、現在の日本においては、本当に危機的な状況とはいえないはずである。

 しかし、近年の世界的な気温の上昇による影響は、衣食住の「食」や「住」に対する問題を生み始めている。だとするなら、旅行だ、飲み会だとはもう言っていられない状況が迫って来ているのである。

 状況が変われば作戦の変更も余儀なくするのであって、このコロナ禍という危機は、実は気づきのきっかけでもあり、標準を練り直すチャンスでもある。
 
 本年は、外に求めるのではなく、自己を見つめ直し、皆様がもっている素晴らしい「道心」という宝をより輝かせるよう努めていきましょう。宝が輝けば周りも明るくなり、眩(まばゆい)いくらいますます明るい世の中をつくるきっかけとなることでしょう。そのような素晴らしい一年となることを、心より祈念申し上げます。合掌

IMG_9116.JPG

(参考:「一隅を照らそう日暦」千眞工藝)

posted by 正翁寺 at 16:46| 日記

2021年11月05日

人類は地球上一番の新参者(しんざんもの)

 
 皆さんこんにちは。

 IPCC(気候変動に関する政府間パネル)という国際機関が、温暖化に関する報告を6〜8年に1度に発表していることを知っていますか。

 第5回目の発表は、2013〜14年で、温暖化の原因は、「人間の行いによる可能性はきわめて高い」としました。

 第6回目の発表は、2021年でした。そこでの表現は、「人間の影響が温暖化させてきたことに疑う余地はない」としました。

 人が地面から原油(石油やガソリン、電気の元)を掘り出して、それらを燃やし、植物だけでは吸収しきれないほどの温暖化物質(二酸化炭素など)を発生させ、はるか上空の大気圏に溜(た)まってしまう。

 溜まった二酸化炭素は、宇宙に放射されるはずの熱を吸収してしまい、ビニールハウスのような熱の膜で地球が温室状態となってしまっている。(温室効果)

 この現実をどうすればいいのか。温暖化の始まりとされる産業革命(1850年頃)以前の生活に戻ればいいのか。そのような修行僧のような生活は現実的ではない。

IMG_2801.JPG

 そこで正翁寺は、人類が修行僧のような生活を強(し)いられないようにする為に、地球温暖化対策の心構えを3つ提示させていただきます。

 1,人類が、大自然の恐さを知り、己の小ささをよくよく知ること。

 2,人類が、虫や木や土、太陽や水などの大自然にお世話になっている現実を、常に忘れないでいること。

 3,人類が、1850年以降の文明に心から敬意を抱き、満足すること。

 私たちは、地球上で新たに仲間入りした新参者です。古参(こさん)である先輩方の法則によく従って行動しましょう。

IMG_6888○.JPG

posted by 正翁寺 at 17:27| 日記

2021年09月17日

辛いという字に一つ足すと幸せに成る


 この言葉は、9月中旬の日本経済新聞に掲載されていたものです。

 父親が興(おこ)した産業廃棄物処理の石坂産業(埼玉県三芳町)は、「公害企業は地域から出ていけ」と、住民の横断幕が工場を取り囲み、風評被害で存続の危機に立たされていた。

 後を継いだ石坂典子社長は、高い理念を掲げて社員の意識を変え、やる気を引き出し、反発する社員が4割も退社するといった難局を乗り越え、荒れた森を「地域へのおもてなし」とうたって再生させ、今では、環境共生のモデル企業と呼ばれるまでとなったという。

 社員の半数は20代〜30代で、若い社員のやる気を引き出す秘訣は「失敗体験で恥をかくこと」。

 そんな石坂社長は父親から受けた大切なことばがある。「辛いという字に一つ加えると幸せになる」という表題のものです。

 コロナ禍、自粛、黙食。そのような言葉が一般化された昨今ですが、辛いと幸せは表裏一体で、ものごとの捉え方や受け取り方も人それぞれで千差万別です。

 苦は楽の種といわれるように、苦しい状況に身を置くと、人はもがいてはい上がろうとします。その時につかんだきっかけが、その人の覚(さと)りとなって、人間形成がなされ、色々なことが分かってきます。

 辛い状況は、永遠には続きません。神様は乗り越えられない試練を与えないといわれるように、きっと乗り越えられるはずです。

 蓮の花も、澄んだ水で咲くのではなく、泥という苦難を脱して、あのような美しい花を咲かすのです。

IMG_06622○.jpg
posted by 正翁寺 at 18:09| 日記

2021年08月28日

〜頑張ろう日本〜 人は苦しみのお陰で深みのある人間になることができる

 冬は必ず春となる。

 私たちは病気になれば病気のことしか考えられず、失敗したら失敗したことにふりまわされ、愛が憎しみに変わったら憎悪の他は何も見えなくなり、心が重く沈み、疲れてしまう。

 ちょっと目を上げて空を見てごらん。ちょっと高いところへ登って遠くを見てごらん。ちょっと角度を変えて違う方向から見てごらん。近づく春の足音がきこえるよ。出口はいっぱいあるよ。失敗は成功のもと、といわれるじゃないか。

 愛は深いほど一つまちがうと憎悪に変わる、ということは、憎悪が愛に変わる可能性もあるということ、愛憎は一つの心の表裏だということではないか。
 
 冬の寒さが木に年輪をきざみ、その年輪が木を守り、また、木目(もくめ)として木を飾る。常夏(とこなつ)の木には年輪らしきものは、きざまれない。

 人も悲しみ苦しみのお陰で、深みのある人間になることができる。思うようにならないことこそ、「私に年輪きざんでいただけるとき」と喜んでゆきたいものである。

〇IMG.0346.JPG

 「人の一生は重荷(おもに)を負(お)うて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。
  不自由を常(つね)と思えば不足なし。こころに望みおこらば困窮(こんきゅう)したる時を思い出すべし。
  堪忍(かんにん)は無事長久(ぶじちょうきゅう)の基(もと)、いかりは敵と思え。
  勝つ事ばかり知りて、負くること知らざれば害その身にいたる。
  おのれを責めて人をせむるな。
  及ばざるは過ぎたるよりまされり。」(徳川家康)

IMG_0790.JPG

 がんばろう日本!


【参考文献】
『八正道(はっしょうどう)シリーズ〜正見(しょうけん)』
                       青山俊董
 
posted by 正翁寺 at 14:14| 日記

2021年07月11日

ウイルスにワクチンあり 温暖化にワクチンなし

 私たちが生命を保つのに、必要不可欠なものってなんでしょう。水、空気、食べ物。人によっては電気も必要です。でもここでは水、空気、食べ物にしぼって考えてみたいと思います。

 では、その水や空気や食べ物はどうやってできているのでしょうか。

 様々な、動物、植物、人々の社会活動があってできていきます。

 つまり、私たちは、いろいろな人や人以外のいろいろな生き物の活動に支えられているといえます。

 逆に言えば、それらの活動がないと私たちは生きていくことができない。
 
 そのことが分かれば、その活動の範囲で生活していくことがいかに大切かということに気づくはずです。

 その活動の範囲内の生活って一体どれほどのものなのでしょう。今世界中で流行り始めているESGの観点も結構なのですが、そのヒントは、古(いにしえ)より守られている修行道場の生活にあります。なぜなら、その生活習慣は、自然の営みと調和(integrate)しているからです。

 私たちの体内にある臓器の活動の一つ一つが、見事に調和しているように、地球の一生命体である人間も、地球の活動の範囲を出過ぎず謙虚に生活していく。この調和の考え方が、温暖化の問題を解決するワクチンとなります。

◎IMG_1874.JPG

 タイトルでは、ワクチンはないと記しましたが、ワクチンはつくれます。ただし、相当な発想の転換が必要です。きつくて、ねむくて、とても不便である、現代社会とかけ離れた修行生活は、実は最先端の生活スタイルなのです。  合掌
 
posted by 正翁寺 at 10:56| 日記

2021年01月01日

自己をととのえ 他にいかす

 新年を迎え、輝かしいめでたい光が私たちの世界を包み、心地よく感じる元旦の早朝、皆さまにおかれましては、どのように感じられたでしょうか。

 さて、仏教における目標は、「心を浄(きよ)くととのえていく」ことです。なぜか。それは、煩悩という悪い雲が、初日の出のようなキラキラ輝かしい私たちの心を覆(おお)ってしまうからです。

 煩悩という悪い雲を、発達させすぎないように、日々の習慣力でコントロールしていきます。

 その目標へのプロセスは大きく分けて二つ。一つには「自利(じり)」。二つには「利他(りた)」です。

 自利とは、自分をととのえることです。生活リズム、食事、言葉づかい、見方、考え方など、様々あげられます。

 利他とは、周りを善(よ)くしていくことです。しかし、自分がまだ未熟であるのに、利他ばかり意識して、疲れたり、疲れて周りに当たったり、あるいは病気になってしまってはいけません。

 IMG_1110.JPG

 お釈迦さまの教えの根本は、中道です。中道とは、バランスのいいところで行います。年令や性別、体質、性格により様々です。両極端を離れ、程よいところで自分をととのえます。 
 
 自利を第一に、まずは自分をととのえる生活リズムを見つけだし、できうる範囲で利他を行えば充分です。少しずつ少しずつ着実に改善し、日々繰り返していきます。多少なりとも元に戻ったっていいんです。自分自身に少しずつ良縁(りょうえん)を与え続けるのです。

 IMG_0392.JPG

 自分をよくととのえて、そのととのった自分を周りにいかしていきましょう。そのうち、周りを善くしていくなんていう自我意識すら、しぼんでいきます。それでいいんです。

 仏の教えは、ごくごく当たり前なことばかりで、刺激的な教えではありませんが、このような副作用のない最上の教えです。なので、よく「宝(たから)」と例えて言われます。

 仏様がキンキラキンだったり、宝珠(ほうじゅ)と言われる玉ねぎのような飾りをよく見かけるのは、そのせいです。

 ブランド品も魅力的で素晴らしい宝物ですが、仏の教えと比べると、月とすっぽんなんですよ。

 副作用のない仏の教えを生活に取り入れて、毎日が心地よく過ごせるようになればいいですね。コロナ禍で時間がある方は、是非仏教の本を手に取ってみてはいかがでしょうか。

 苦しいときには、普段読まなかった本など食い入るように読破してしまいます。だから、ピンチはチャンスなんです。苦は楽の種なんです。

 皆さまにとって、素晴らしい令和三年となることを祈念申し上げます。ともにいい国つくっていきましょう。 合掌

 IMG_1241.JPG

 

 
posted by 正翁寺 at 17:35| 日記

2020年11月22日

がんばれ日本〜自分を守ることは、巡り巡って世の中も守ることになる〜

 コロナウイルスにかかりたい方はいらっしゃいますか。できることならかかりたくはありませんよね。それは、ごく自然な本能といえると思います。

 では、少し見方を変えてみましょう。もしも小さな子どもの母親がかかってしまったら、子どもたちは誰が見るのでしょうか。母親は子どもたちのためにも感染を避けたいと気をつけるはずです。

 さて、春頃、高速道路関連の従業員が感染し、あるインターチェンジが閉鎖されました。もしも、ほかの従業員も感染し、次々とインターチェンジが使えなくなってしまったら、世の中の様々な活動に大きな打撃となりましょう。

 お一人お一人が感染を予防することで、世の中の活動に穴を開けずに安定した社会が動いていくことができる。本能的に感染したくないと思うことでしょうが、お一人お一人の健全な一日は、健全な世の中をつくっていく原動力となります。

IMG_6810.JPG

 自動車一台の中に、様々な部品が組み合わされるように、世の中もお一人お一人がつくっていっています。一見、自分のための身を守る行動は、実は世の中のためでもあるのです。

IMG_9935.JPG

 お釈迦さまは、我欲(がよく)に振り回されることなく、日々精進せよと示されましたが、その浄らかなみ教えは、自分だけのことのようで、素晴らしい国づくりの礎(いしずえ)でもあるのです。自身の健康を第一に、社会を浄化して、共に素晴らしい世の中を築いていきましょう。 合掌
posted by 正翁寺 at 10:32| 日記

2020年09月10日

〜がんばれ日本〜環境を守ることは、巡り巡って自分たちも守ることになる

 皆さんこんにちは。

 コロナ禍の中、大変な自粛が続いていると思います。また、自粛により、需要が少なくなった職種の方々も、当然仕事が減るわけですから、手当も減る。大変な事態であります。

 さて、今年のアース・オーバーシュート・デーは、8月22日だったことを知っていましたか。

「アース・オーバーシュート・デー」とは、私たちの資源消費量が、地球が一年間で再生可能な資源量を上回る日をいい、この日を過ぎると私たちは、未来から資源を借りて暮らす赤字状態となってしまいます。【WWFジャパンホームページよりhttps://www.wwf.or.jp/activities/news/4390.html

 そうなると、今の1.6倍も地球がなければ資源が足りなくなってしまう試算となります。では、新たに宇宙を開拓すればいいのでしょうか。

 各国政府や科学者たちはこういった事態に対抗しようする時、すぐに自然と対立する策を講じます。そうではなくて、地球と人類が調和していくにはどうすればいいのかを考えていくべきではないでしょうか。人類の方が地球に合わせるよう行動を変えていかなければいけません。

 今まで生きてきたスタイルからの行動変容は、「失われる」と、とらえがちですが、「ありのままの健全な状態に戻していく」と考えてみてはいかがでしょうか。

IMG_1306.JPG
 
 過去の人類の歴史は、食糧を確保する戦いといっても過言ではありません。ところが、現代先進国は飢えるどころか、食べ過ぎてしまうほどです。

 また、150年前の人が、自動車という鉄の塊(かたまり)が猛スピードで走る様子を見たら驚くことでしょう。 

 私たちは、この現代の文明と当たり前のように接していますが、よくよく考えますと、とんでもない社会を生きてきました。

 ところが、コロナウイルスの感染拡大により、様々な制限が設けられました。一見すると「失う」ように思えますが、置かれた環境をよくよく考えてみますと、制限の中でも満ちていることは、実は気づきにくいだけで沢山あると思います。

 IMG_8337.JPG

 コロナウイルスの感染拡大がおさまった後、感染拡大前と同じようでは、せっかく気づかせてもらったことが台無しです。私たちは、今回の行動変容をヒントに、大自然のいとなみと調和するよう温暖化が進まない範囲で、明るく楽しい未来を一緒につくっていきましょう。

【補足】 
 コロナ禍の中、大変な自粛が続いていると思います。また、自粛により、需要が少なくなった職種の方々も、当然仕事が減るわけですから、手当も減る。大変な事態であります。

 今は大変な時ですが、「苦は楽の種」ということばがあります。苦しいときには、普段では考えたことのないアンテナが立つものです。例えば、普段健康な人が腹くだしが続くとします。そういった時には、アンテナが立ち、普段手にすることのなかった医学の本を手に取って、いつの間にやら読破してしまう。そして、ああそうだったんだと、悟る(気づく)のです。

 苦しんだときのリカバーの経験は、今後の自分であったり、あるいは、他人であったり、世の中であったり、何かを救うきっかけとなる可能性もあります。

 世はみな無常です。どうせいつかは、死ぬ身なのですから、いつか来るその時までは、あらゆる苦難をきっかけに、たくさんの悟り(気づき)をえて、ともにいい国をつくっていきましょう。

IMG_6375.JPG

 人生は、苦難→気づき→安定→苦難→気づき→安定の繰り返しです。神様は乗り越えられない試練を与えないと言われているくらいですから、大丈夫です。あなたの苦しみがきっかけとなった気づきを待っている人がいるかもしれませんので、どうか死なないでください。
posted by 正翁寺 at 10:38| 日記