2015年01月29日

禅の友2月号

IMG_6052.JPG

・「釈尊涅槃会(しゃくそんねはんえ)」大本山永平寺(P,30)
 二月十五日は涅槃会が行じられます。涅槃とは梵語(ぼんご=サンスクリット語)で「吹き消す」と訳され、煩悩(ぼんのう)の炎を吹き消し、一切の苦しみから解放された悟りの境地を指します。また生命の炎を消すことから死ぬこと、一般には釈尊の入滅(にゅうめつ)を意味するのです。

 
 おのれこそ、おのれのよるべ、おのれを措(お)きて誰によるべぞ、よくととのえし、おのれにこそ、まことえがたき、よるべをぞ獲(え)ん             (法句経(ほっくきょう))

 釈尊が入滅される間際、弟子に対して残された教えと伝わっています。自己を調えることの大切さを説かれたこの教えは、現在も永平寺の修行生活に息づいています。
posted by 正翁寺 at 11:41| 日記

2015年01月01日

禅の友1月号

IMG_6015.JPG


・「旧年の枝」釜田隆文(P,6)
 早春には百花(ひゃっか)に先駆けての花が咲き、清香(せいこう)を放ちます。
 大本山永平寺を開かれた道元禅師(どうげんぜんじ)は、『永平行録(えいへいこうろく)』の中に「梅花(ばいか)新たに発(ひら)く旧年の枝」という言葉を残されています。
 梅の花は春になったら当たり前に咲くのではなく、厳しい冬を耐えてきた枝があってこそ、その上に新しい花を咲かせることができます。
 過去の積み重ねがであり、今の積み重ねが未来を生んでいきます。こうして新しい年を迎えられる私たちは、たくさんの人たちの支えがあって、今ここにいます。私たちは未来に向かって何ができるのでしょうか。
 年頭にあたり、支えてくれた方々に感謝の想いをかたむけ、希望に満ちた明日に向けて一歩を進めたいものです。

 ・「知音(ちいん)」酒井大岳(P,1)
 心の底から信じ合えるのことを言います。
 『因果経(いんがきょう)』に「親友になくてはならない心」が説かれています。
 
 @過失があったら忠告する。
 A吉事の時は共に喜ぶ。
 B苦境に落ちても捨てない。

 この心を淡淡と保てる者同士が本当の親友であるということですね。

 
posted by 正翁寺 at 16:42| 日記