2015年08月21日

ひとの生を うるはかたく やがて死すべきものの いま生命(いのち)あるは有難し(ありがたし)


 ひとの生を うるはかたく
 やがて死すべきものの
 いま生命(いのち)あるはありがたし
 正法(みのり)を 耳にするはかたく
 諸仏(みほとけ)の 世に出づるも ありがたし
       (『法句経(ほっくきょう)』182番)

 
 
 

 2500年前、お釈迦さまは「ものはみな縁起している」と悟られました。何の原因も条件もなく、突然に出現したものはありません。

 例えば、ひまわりの花は、無条件では咲きません。種に土や水、太陽の光、あるいは人の愛情などが加わることによって、芽を出し花を咲かせる。

 また、何もない青空に、様々な気象条件が加わることによって、雨雲となり、雨を降らせる。山に降りそそいだ雨は、低い方へ流れ集まって川となる。そして川の水を引いて作物を育て、やがて収穫し、流通し、購入し、調理されて、私の口に入る。そして命をつないでいく。

 そして、命と命が出会い、新たな生命が生まれる。 

 私一人を生かしている背景に、木一本育てる背景に、全地球、全宇宙のはたらきがある。その生命の尊さに目覚めよ、というのが縁起の教えです。この世のすべてのものは、支え合い、依存し合って、助け合っています。

 その尊さを教えて下さる教えに出会わなければ、私たちは気づくことはできない。ありのままの真っすぐな教え(=正法)を耳にすることは有り難く、希(ま)れであります。

     (参考:『みちしるべ〜正見〜』青山俊董)


 
posted by 正翁寺 at 10:46| 日記