2017年03月29日

世のために 学問する

 学問って自分のためにするものでしょう?

 さて、仏教に「利他(りた)」という教えがあります。

 利他とは、他に利益や幸福を与え、救済につとめることをいいます。

 曹洞宗の開祖(かいそ)、道元禅師(どうげんぜんじ)は、「船を置いたり、橋を架けるのも利他の行いですよ」とお示しです。

 そうです、お仕事も利他の行いなんです。

 『おれは誰の世話にもならねえ』と言う方がいますが、よくよく考えてみますと、私たちは様々な社会の恩恵にあずかっています。

 まず始めにオギャーと生まれた時点で、すでに病院やお医者さんのお世話になっている。

 電車もバスも船も、水道もガスも電気も、消防も警察も学校も、農業も漁業も畜産業も、郵便も道路もスーパーも…

 これらが無い世の中を想像してみて下さい。考えられないでしょう。すべてのお世話になっています。

 お仕事は、利益を追求すると同時に、世の中に利益や幸福を与えています。

 いま世の中に起きている深刻な問題は多様にあります。

 例えば、最近は夏が冬よりも長くなってます。その影響で毎年5月に行ってきた草刈りは、4月にやらざる得なくなってしまいました。それにともない海水の温度は上昇し、台風が大型化しています。また、一度に降る雨の量は、極端に多くなってきています。と同時に北極の氷はどんどん溶けていっています。

 どうぞ、点数を取るだけの勉強、親に怒られないための勉強もいいですが、世の中を救うための勉強を、明るく前向きに取り組んでいただきたい。そう願います。

 「情けは人のためならず」ということわざがありますが、

 地域の豊かさ、国の豊かさ、そして地球環境の豊かさは、廻り廻って自分に、さらには子孫に返ってきます。

▲IMG_5097.JPG








posted by 正翁寺 at 14:24| 日記