2014年11月07日

禅の友11月号

IMG_5697.JPG

・禅のことば「開拓心田」酒井大岳(P,1)

 「心田(しんでん)を開拓(かいたく)す」と読みます。心の中に沈んでいる田を耕して、新しい自分の花を咲かせる、ということです。

 よく「自分がつくづく嫌になった」と言う人がいますが、自分というものはそれほど簡単に分かるものではありません。まだまだ自分の知らない自分が限りなくひそんでいるのです。
 ボランティア活動に参加された人から聞きました。「私の中にこんな私がいたとは知りませんでした」と。

 禅の世界も同じです。よき師に出合い、教えに出合うことによって、心田が耕されていくのですね。学びを大切にしましょう。
posted by 正翁寺 at 18:24| 日記