2016年01月01日

日本を楽しい国にしよう。明るい国にしよう。


 念ずれば花ひらくで知られている坂村真民(さかむらしんみん)さんの「一日一言」より一部を抜粋したものですが、すべてを掲載するとこのようになります。

    〜願い〜
  日本を
  楽しい国にしよう
  明るい国にしよう
  国は小さいけれど
  住みよい国にしよう
  日本に生まれてきてよかったと
  言えるような
  国造りをしよう
  これが二十一世紀の日本への
  わたしの願いだ

 楽しい国、明るい国、生まれてきてよかったと言える国造り。真民さんの素晴らしい願いです。
 では、そのような素晴らしい国造りをするには、もっと街中キラキラして明るく、もっと勉強や仕事を減らして楽しくすればいいではないか。と思う方もいるかもしれません。

 ところで、ものごとの感じ方、とらえ方って人によって違いますね。2500年前にお釈迦さまは、あらゆるものごとは、「心」に基づいていて、「心」を通して、楽しいとか苦しいとか感じるから、感じる基となる「心」をととのえていきましょうと説かれました。

 きゃりーぱみゅぱみゅさんの「つけまつける」という歌の中に、「同じ空がどう見えるかは、心の角度次第だから」とありますが、全く同じです。

 私たちは、同じものでも楽しく感じたり、不満に感じたりするのは、「心」に基(もと)づいています。キラキラした街を造っていくことも楽しいけれども、仏教では、楽しいと感じる「心」をつくっていきます。

 では、心をととのえるにはどうすればいいのでしょうか。アプローチは沢山ありますが、生活習慣をととのえることが前提となるでしょう。そして一つには坐禅の呼吸です。私たちは、血液の流れや心臓の動きをコントロールすることはできませんが、呼吸はコントロールすることができます。あごを引いて、肩を開いて姿勢をととのえ、へそ下を感じながらゆっくりと息の出し入れを繰り返します。

 1月3日の読売新聞によると、今から三百年ほど前の平均寿命は、なんと現代の半分以下。さらに三分の一の子どもが5歳未満でなくなっていたそうです。そして現代は、電気や交通など多くの発明のおかげで、日本や米国では当たり前のように暖房やエアコンを使っている。そして夜でも読書ができ、水をくむために遠くに行く必要もなく、衛生環境も向上し、健康な生活を送ることができる。 

 生活環境世界トップレベルの日本には、あと何が必要でしょうか。宇宙進出でしょうか。それともスマートフォンのさらなる進化でしょうか。それは、自分の心をととのえることです。

 心がととのってくると、今まで気づかなかったことに感謝できたり、利他的な心が磨き現れてきます。そしていつしか利己的な自分にさよならができることでしょう。 

 楽しい国だなあ、明るい国だなあ、生まれてきてよかったなあと言えるような自分造りを一緒にしていきましょう。
 皆さまが、善きご縁にたくさん出会えることを、心より祈念申し上げます。  合掌

posted by 正翁寺 at 17:45| 日記